こんな時はどうする?

出産

出産をした場合、被保険者には「出産育児一時金」、被扶養者である家族には「家族出産育児一時金」が支給されます。(PDF資料は、こちら

出産育児一時金・付加金

出産したときには、出産費の補助として女性被保険者には「出産育児一時金・付加金」、被扶養者である家族には「家族出産育児一時金・付加金」が支給されます。給付対象となるのは、生産・死産にかかわらず妊娠4ヶ月(85日)以上を経過したあとの出産となります。

出産育児一時金・家族出産育児一時金
1児につき 420,000円 支給 
*双子の場合は2人分支給
(ただし、産科医療補償制度未加入の分娩機関で出産した場合、
または妊娠22週目以前の出産の場合は
 1児につき 404,000円 支給)
出産育児一時金付加金・家族出産育児一時金付加金
当組合の付加給付 1児につき 110,000円 支給

出産育児一時金は出産後の申請・支給となるため、窓口で一時的に多額の費用を立て替え払いすることになりますが、この経済的負担を軽減する制度が取り入れられています。(下記①、②)

①<直接支払制度>
出産育児一時金の額を上限として、健康保険組合から支払機関を通じて医療機関等へ出産費用を支払う制度です。本制度により、窓口での支払いが、出産育児一時金を超えた金額だけですむようになります。
なお、直接支払制度に対応しているかどうかは、直接、医療機関にご確認ください。

②<受取代理制度>
直接支払制度を実施していない一部の小規模の医療機関等でのみの取り扱いとなりますので、事前に医療機関等にご確認ください。
出産予定の医療機関等を出産育児一時金の受取代理人とする申請書を、あらかじめ健保組合に提出する事で窓口での支払いが、出産育児一時金・付加金を超えた金額だけですむようになります。受取代理を申請できるのは、被保険者であって、出産育児一時金等の支給を受ける見込みがあり、かつ出産予定日まで2カ月以内の方又は出産予定日まで2カ月以内の被扶養者を有する方です。